あなたの人生を変えるかもしれないダイエット

トレーニングをしよう

ここでは、数多くある有酸素運動の中から、ウォーキングやジョギング、自転車、水泳など、代表的な有酸素運動をあげて具体的なトレーニングの方法を紹介していきます。それぞれのトレーニングについてより詳しく説明するとともに、より長く続けていくためのテクニックを紹介します。まず最初は、簡単な運動から始めていきましょう。楽しみながら、徐々にステップアップしていけば、いつの間にか理想の体形を手に入れているでしょう。

 

トレーニングをしよう記事一覧

「これから有酸素運動を始めよう」と思っているけれども、実際にどんな運動から始めれば良いのか分からない人も多いでしょう。普段あまり運動をしていない人が、いきなり激しい運動をしてしまうと体を壊してしまったり、すぐに嫌になって諦めてしまうこともあります。まず最初は、簡単な運動から始めることをおすすめします。;ダイエットは楽しく、簡単にそもそも「ダイエットをしなければいけない」と思った時点ですでに運動不足...

有酸素運動をダイエットに取り入れる上で、ウォーキングとジョギングはとてもおすすめです。実際に、筆者もこの2つをダイエットに取り入れることで12キロの減量に成功しました。誰でもできる有酸素運動普通に生活をおくっている人ならば"歩く"という行為は誰でもできますよね。特に訓練やおおげさな準備なども必要なく「始めよう」と思ったら、すぐにでもできる運動です。その"歩く"という動作には、足だけではなく、お尻や...

これから有酸素運動を始める人に、ウォーキングは一番のおすすめです。あまり運動に慣れていない人などにも、多くのメリットがあります。ウォーキングのメリットはたくさんあります。その中でも代表的なものを挙げると・いつでもできる・どこでもできる・脂肪を燃焼させる・心肺機能を高める・脳や体内を活性化させる・ストレスの解消などがあります。たくさんあるウォーキングのメリットまず、ウォーキングは今から始めようと思っ...

ウォーキングの基本は、"歩くだけ"です。言ってみれば、誰でもできる運動です。しかし、正しい姿勢で歩くやり方を知れば、より多くの脂肪を燃焼させることができます。逆に、姿勢が悪かったり間違った歩き方をしていると、効率が悪いどころか、怪我や体を痛めてしまう原因にもなってしまいます。;まずは正しい立ち姿から;ウォーキングの基本となるのが、真っ直ぐに立った状態の姿勢です。;1.まずは、頭の先をヒモで引っ張ら...

ウォーキングは誰でも簡単に始めることができるのが特徴です。ただ歩くだけならば、特に意識することもなくできる運動です。始めのうちは、あまり歩くフォームなども意識せず自分が最も歩きやすいと思う形で運動しても良いでしょう。しかし、正しく歩くフォームを身につければ、効率よく脂肪を燃焼させることができるのです。ダイエットが成功するためには、是非とも身につけたいですね。ウォーキングのフォーム基本となる立ち姿は...

ウォーキングにも大分慣れてきて「もの足りないな」と思えるようになったらジョギングに挑戦してみましょう。と言っても、いきなりペースを上げるのではなく歩きながら時折小走りを混ぜる程度でも良いでしょう。スピードだってそんなに速くする必要もありません。走っていて「ちょっと疲れたな」と思ったら、歩いてしまっても問題ありません。無理せずに、少しずつ走る距離を伸ばしていけば良いのです。;ジョギングのフォームジョ...

ジョギングにも慣れてきて、30分以上続けて走れるようになったらもう少しステップアップして、ランニングに挑戦してみましょう。;まずは5kmからと言っても、いきなり10kmも走ろうなんて無理をしてはいけません。次の目標として、まずは5kmを走りきることを目標にしてみましょう。そこから徐々に走れる距離を伸ばして行けば良いのです。いきなり限界まで走ってしまうと、疲れがたまってしまいます。そうすると"毎日運...

ウォーキングやジョギング、ランニングなどは、特別な道具も必要とせずお金をあまりかけずに、思いついたらすぐにはじめられるのが利点です。唯一しっかりとしたものを選ばなければいけないのは、シューズです。ウォーキングなどで"ただ歩くだけ"だからと、カジュアルなスニーカーで挑戦してしまう人もいます。しかしそれでは、しっかりとした運動ができません。それだけでなく、運動に向いていなかったり、形やサイズが合ってい...

ダイエットに効果的な有酸素運動のひとつに自転車があります。スポーツジムにあるエアロバイクを使っても、十分に効果はありますが、せっかくならば外へ出て自転車をこぐ、本当のサイクリングをおすすめします。自転車のすすめ自転車をダイエットに利用するメリットはいくつかあります。最大のメリットは"サドルに座って運動する"ということです。これによって、膝や足首、腰などにかかる負担が軽減されます。また、それによって...

せっかく自転車を使ってダイエットを始めるのであれば、新しいバイクが欲しいところですよね。スピード競技や、自転車旅行をするのではなく、ダイエットを目的に乗る自転車であれば、値段と見た目で決めてしまっても大きな問題は無いでしょう。ただし、いわゆる"ママチャリ"と呼ばれている自転車はおすすめできません。やはりスポーツ用のバイクを選んだ方が良いでしょう。サドルに体重のほとんどを乗せて座るママチャリだと、前...

自転車に乗ることに慣れてきたら、もう少し遠出がしたくなりますよね。サイクリングに出かけて、長時間自転車に乗れば、脂肪もたくさん燃焼します。長い時間サイクリングをするときに、意外と重要になるのが自転車の乗り心地です。乗っている間にお尻が痛くなってしまったら、嫌になってしまいますよね。;サドルをかえてみよう自転車で運動する最大のメリットは、"サドルに座って運動する"ことだと前回言いましたね。軽く見られ...

運動が苦手な人は、プールに行くことはちょっと敬遠してしまうかもしれません。しかし、プールで行う運動は、泳ぐことだけではありません。水中エクササイズや水中ウォーキングなど、負荷の軽い運動もあります。実は、そういった普段運動に慣れていない人にこそ、プールへ行くことはおすすめなのです。水中で運動する利点水中で運動する利点はたくさんあります。まず、プールの中では水の抵抗を受けます。ですから、体をたくさん動...

ダイエットにおける水泳の目標は"心拍数を上げすぎずに長時間泳ぐこと"です。効率よく体脂肪を燃やすためには、全力で泳いではいけません。一気に力を出し切ってしまうと、無酸素運動のような状態になりすぐに疲れて、長く水泳を続けることができなくなってしまいます。水泳で最もポピュラーな"クロール泳ぎ"にも、ゆったりと泳ぐためのポイントがいくつかあります。;バタ足をあまり使わない1つめは"バタ足をあまり使わない...

長い時間泳ぎ続けるためには、スムーズな息継ぎができなければいけません。息継ぎのたびにバタバタとしていたのでは、すぐに疲れてしまいますよね。効率よく脂肪を燃焼させるためにも、スムーズに呼吸をすることは重要です。;スムーズな息継ぎ息継ぎを楽に行うコツは、伸ばした手を水の深くに入れることです。速く泳ぐためには、手を真っ直ぐ前に伸ばしできるだけ前のほうに入水します。しかしそれだと、体が沈んでしまい息継ぎが...

スムーズで楽に泳ぐためには、水の抵抗の少ない正しい水中姿勢を身につけることがとても重要です。水の抵抗の少ない水中姿勢は「けのび」をしてみれば分かります。理想的な「けのび」は、以下のような状態です。・手の先から足の先まで真っすぐ伸びている・アゴを引いている・お腹が引き締まっている・お尻が少しぷかりと水面に出ているこのなかで一番間違っている人が多いのが"お腹"の部分です。「うまく泳げない」という人の多...

いま、ダイエットのための有酸素運動として、ヨガの注目度が上がってきています。ヨガにおいて大切なのが、その呼吸法です。有酸素運動は、体内に十分に酸素を取り入れながら運動をすることで脂肪を燃焼させます。ヨガのメリットヨガのように、しっかりと呼吸をしながら適度な負荷が得られる運動は体脂肪を減らすために効果的です。負荷のかけかたも、自分のレベルに合わせたポーズをとれば良いので自由にコントロールすることがで...

1日5分でウエストマイナス5cm当たり前!?(女性向け)


門脇さんがたった1ヶ月で6kg痩せた秘密はコチラ↑

 

トータルビューティーワーク

 

 

41歳でもたった3ヶ月で体脂肪「23.4%」⇒「8.4%」!(男性向け)

ダイエット

 

ダイエット