あなたの人生を変えるかもしれないダイエット

脂肪を燃焼させる

有酸素運動と言っても、その目的によっていろいろな運動のレベルがあります。
また同じ運動をしていても、ちょっとした違いで、
脂肪燃焼の効果が変わってくることもあります。

 

 

効率よく脂肪を燃やす

 

有酸素運動では、運動中に取り込んだ酸素を使って、
体内の糖質や脂肪を燃焼させます。
その力をエネルギー源にして、運動を行います。

 

ですから、より多くの呼吸を体に取り込むことができれば、
それだけ多くの脂肪を燃焼させることができます。

 

運動の最初は、エネルギーに変わりやすい糖質が多く消費されます。
その後、運動時間の経過にともなって徐々に脂肪が使われるようになります。

 

また、激しい運動よりも、軽めの運動の方が脂肪が燃焼されやすい
というのは前にも話しましたね。

 

さらに軽めの運動は、乳酸が生じにくいので疲れが蓄積せず、
長時間運動を続けることができます。

 

このことから、より多くの体脂肪を燃焼させるには
リズム良く、たくさんの呼吸ができるように、軽く息が弾む程度の運動を
より長く行うことが理想的です。

 

 

どんな運動がいいの?

 

運動時に使う筋肉は、ふとももや、ふくらはぎを多く使うことで、
心臓へ返る血流が促進されます。

 

結果として、血行や酸素の流れが良くなります。
ですから、その分だけエネルギーが燃焼しやすくなります。

 

脂肪を燃焼させることが目的なのであれば、
椅子に座って行うダンベル運動などよりも、歩いたり走ったりする方が効率的です。

 

こういった点から、ウォーキングやジョギングはダイエットに最適なのですね。



 

 

1日5分でウエストマイナス5cm当たり前!?(女性向け)


門脇さんがたった1ヶ月で6kg痩せた秘密はコチラ↑

 

トータルビューティーワーク

 

 

41歳でもたった3ヶ月で体脂肪「23.4%」⇒「8.4%」!(男性向け)

ダイエット

 

ダイエット

 

脂肪を燃焼させる関連ページ

消費カロリー
無酸素運動
活性酸素
筋トレ
順番